<< プリン釉のうつわ 磁器の茶碗 >>

松涛美術館にて

a0187766_00524816.jpg
先日、6月17日はクエイ兄弟の誕生日でした。
おめでとうございます。
お二人は一卵性双生児ですので
お二人とも70歳ということになりますねっ。

私がクエイ兄弟を初めて観たのは
高校生の頃たまたま
深夜付けたテレビで流れた
「ストリートオブクロコダイル」。
番組は「
三宅裕司のえびぞり巨匠天国」
だったような気がしていますが・・・。
衝撃を受けましたが
作家の名前も映像のタイトルも
分からないままの一瞬の出来事でした。
インターネットもない田舎の高校生には
陰湿でおぞましいコマ撮りアニメを
脳みそに焼き付けるだけでした。
その後、美大に入ってからは
クエイ兄弟の名前を知り、同時に
彼が影響を受けたチェコの映像作家
ヤン・シュヴァンクマイエルに心酔し
普通の美大生になりました。

今ではYOUTUBEで検索すると
クエイ兄弟の作品群も
もっとマニアックな作品も
直ぐに観る事ができます。
あの夜、一瞬の映像を記憶にとどめようと
寝床に入ったあとで何度も何度も
目の奥で再生したしつこさは
今の便利さからは得られ
ないのかもしれません。

その奇妙な人形たちが
渋谷区松涛美術館に来ています。
4月の福岡展を見逃していたので
今回、東京で観る事ができて
感激でした。

かつて彼らの奇妙な
世界に足を踏み入れたことがある方には
オススメです。







[PR]
by teruiso | 2017-06-21 01:10
<< プリン釉のうつわ 磁器の茶碗 >>