<   2011年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

野のもの

a0187766_2026295.jpg道の駅の産直野菜コーナーに菜の花が出てた。きのこと菜の花の和風パスタを思いつく。菜の花をわざわざ買うとは子供の頃には考えられなかった。菜の花やフキノトウが美味しいと感じる自分は歳をとった思う。
[PR]
by teruiso | 2011-02-28 20:32

珈琲=覚醒

a0187766_23452388.jpg予報では午後から雨で2~3日続くらしいので慌てて朝から個展DM用の写真撮影。カメラについては全く素人なのでとにかく沢山撮る。よく解らないヒシャカイシンドなどを少しづつ変えながら・・。あっという間に数十枚の画像を撮り、今度はPCモニターで検証。僅かな違いに目を凝らしていると気が狂いそうになる。届いたばかりのアアルトコーヒーで休憩。この手の作業はコーヒー無しではやれない。写真は苦手。それにしてもアアルトコーヒーの迅速な納品には頭が下がる。
[PR]
by teruiso | 2011-02-27 23:24

夜行性

a0187766_9454547.jpgブラックゴースト。その名のとおり夜行性でいつも筒管のなかに入っている為めったにお目にかかれない。5センチほどの頃に買ってきて、現在では25センチほど。(最近はまともに計測させてくれない。)小さい時は外でよく遊んでいたのに大きくなるにつれて全く出てこなくなった。夜入れた餌が朝には無くなっているので確実に食べているのだけど・・。まるで引きこもりの子供のようだ。
[PR]
by teruiso | 2011-02-26 09:47

学ぶ

a0187766_028325.jpgアンティークショップの店主いわく「江戸後期の瀬戸」らしい。しっかり型打ちされた口と粗い土をざくりと削った高台。粗密のバランスがほどよい仕事。
[PR]
by teruiso | 2011-02-25 23:32

韓国料理店

a0187766_21325951.jpg韓国人の友人が経営している韓国料理店へ行った。彼女は陶芸作家だが韓国料理のお店を開いたところ、あっという間に人気店になってしまった。いつも混んでいて韓国料理が好きな日本人が増えたことを実感する。私が10年以上前に韓国で焼き物の勉強をしていた頃は「冬ソナ」以前でここまで日韓の距離は近くなかった。その後「冬ソナ」「日韓Wカップ」「韓流スター」「Kポップ」と2国間の距離は縮まった気がする。お隣の国だからこそ今後も仲良くありたい。お土産のカクテキの味で韓国の空気を思い出す。
[PR]
by teruiso | 2011-02-24 21:47

旅立ち

a0187766_22331716.jpgふぞろいのうつわたちが窯から上がった。 機械で作られた大量生産品と違いひとつひとつが違う形を持っていて、検品をしているうちにその違いが個性にも感じ始める。
[PR]
by teruiso | 2011-02-22 22:46

印度

a0187766_22131845.jpg今晩の一品はミネストローネを作った。陶芸の道に進む前にインドで3ヶ月間のバックパッカー生活をした。1日3食インド料理(なかでもカレーの割合が多い)ばかり食べていると胃が疲れてしまったので自炊するようになった。その時によく作っていたメニュー。いま思い返すとインドの青空市場で買った野菜や果物は日本のスーパーのものよりしっかりした味だった。おそらくインドの気候は野菜にとって良いのだろう。
[PR]
by teruiso | 2011-02-21 22:23

スキンシップ

a0187766_2313225.jpgたまには日曜日に休日を、と4歳の娘を連れて長崎の動物園に行った。ここ長崎バイオパークは私自身幼少期に行って楽しかった思い出の場所。ほとんどの動物たちに餌を与えることができるうえにリスザル、キツネザル、カンガルー、フラミンゴ、カピバラ、ラマ、イグアナなどは直に触れることができる。子供にとって肌で感じる経験は衝撃的だと思う。長崎バイオパークのHPにはリスザルたちが女性の肩や頭の上に飛び掛って、女性は明らかに驚いて絶叫している画像が使われているがリスザルの檻に入れば、これはいつもの光景。昨年はペンギンを鞄に入れて持ち帰ろうとした男性が逮捕されたらしい。
[PR]
by teruiso | 2011-02-20 23:15

醗酵

a0187766_125798.jpg今年から妻が味噌を作っている。ひと月ほど経ったので天地換え。味も香りも味噌になっていた。こんどは私が味噌壷を作る番。
[PR]
by teruiso | 2011-02-19 12:06

貧乏暇無

a0187766_20522779.jpg窯の扉を開ける。毎回不安と期待が交錯するこの瞬間。大きな失敗も無くてひと安心。すぐに次の窯づめ+窯焚きに取り掛からねば。明るい曲でもかけて。
[PR]
by teruiso | 2011-02-18 21:00