<   2011年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

アンデルセン

家族と一緒に船橋のアンデルセン公園へ行った。ここは童話で有名なアンデルセンをテーマにした資料館とアスレチック遊具さらに乗馬など動物と触れ合うコーナーまであって親子で楽しめるテーマパーク。4歳の娘の興味の対象はアンデルセン本人では無く、主に馬。私はアンデルセンが貧しい童話作家から国を代表する人間となったことがとても興味深かった。その後、公園から30分ほど運転して今秋に参加するクラフトフェアの会場を下見に行く。明日はようやく有田に帰れる。なんと言っても魚が心配だ。
[PR]
by teruiso | 2011-05-31 22:45

台風一過

ホテルをチェックアウトして外に出ると昨日の大雨が夢(悪夢)だったかのような観光日和な天気。恨めしい。tadokorogaro、ラボラトリオ、地元の人に薦められた蕎麦屋と団子屋をぐるりと回って帰路につく。
[PR]
by teruiso | 2011-05-30 23:58

イン・ザ・レイン

松本クラフトフェア終了。無事終了とは到底言えない程の荒れた天気のなか2日目は過ぎていった。それでも多くのお客さんの来場には恵まれていたのだが、やはり最後のテントなどの撤収作業は困難を極めた。毎年雨のなか片付けている堺のクラフトフェアの記憶がよみがえった。雨が降っていたので暗くなるのも早く、気温も低いなかずぶ濡れになって2時間ほどかけて片付けた。片付け終わるのはいつも最後のほう、皆の手際のよさに感心するばかり。何事もハンパない松本の2日間。さすがに疲れた。今日まで松本滞在して明日東京へ。
[PR]
by teruiso | 2011-05-29 22:45

希望と奇跡

松本クラフトフェア1日目が終わった。台風が近づいてきているが今日の天気はどうにか持ちこたえてくれた。明日が大雨だから今日に集中したのか人の数は多かった気がした。今日は「1日じゅう雨」の予報にもかかわらず、時々陽がさす事もあってすごし易い一日だった。明日も何かの間違いで奇跡的に持ちこたえてくれたらいいのだが・・・。
[PR]
by TERUISO | 2011-05-28 23:14

上京

今日乗った飛行機は途中で神戸に寄る経由便だった。格安の航空券だったので文句は言えないが、さすがに国内線では初めての経験。いつもは羽田に着くのに2時間のところ、3時間かかった。時間に余裕さえあれば、本もゆっくり読めて悪くない。東京に着いたら銀座松屋に寄って父の個展を見る。その後、妻の実家でお世話になる。明日は道路の渋滞にハマらないように4時起き5時出発。松本にはランチ間に合うか。
[PR]
by teruiso | 2011-05-26 23:33

換水

a0187766_21534094.jpg個展出張前には必ず水槽の水換えをして出掛ける。生き物を飼うにはこのような責任が伴う。我が家の王様「ノーザンバラムンディ(オーストラリアアロワナ)」は40cmを超えたあたり。悠然とした態度だが餌を見つけると一瞬で飛び掛る。
[PR]
by teruiso | 2011-05-25 21:54

天気予報

a0187766_22371831.jpg一日中、発送の為の梱包作業。普段の個展の準備と違って器のほかにも梱包材や紙袋まで送る必要がある。先日、前もって展示の為のテントや什器をヤマト便で発送したがまさに大所帯。大掛かりな準備しながら天気予報を見ると当日は雨らしい。こうなったら参加者に強烈な「晴れ男・晴れ女」がいることを願うばかり。天気予報だってはずれる事もある。ランチに山菜をいれたパスタを作った。
[PR]
by teruiso | 2011-05-24 22:42

若干時間的余裕有

a0187766_18253450.jpg松本のための最後の窯が無事にあがった。今回はレンタカー(陸路)の強行軍ではない為、作品は宅急便で余裕を持って送ることになる。しかも、珍しくいつもの展覧会前と違って1~2日ほどゆとりがある。飛行機で東京へ、妻実家から車を借りて松本へ入る。今回の松本滞在中は家族で散策でもしてみよう。三越と伊勢丹の個展の準備をしていた2月ぐらいから休日無しのスケジュールだったので(罪滅ぼしもできて)本当に嬉しい。
[PR]
by teruiso | 2011-05-23 18:56

こしあぶらとたらのめ

a0187766_18341874.jpg今度は仙台の祖父母から山菜が到着。今日から山菜中心のメニューに挑戦。まずはこしあぶらとたらの芽を天ぷらにする。熱いうちに塩とレモンをかけていただく。口の中で広がる独特の香りがたまらない。
[PR]
by teruiso | 2011-05-22 18:36

レモン

a0187766_853273.jpg千葉の父親が趣味で育てているレモンが送られてきた。本人曰く、ほったらかしだから無農薬のレモン。沢山のレモンを使う料理を考えたらパエリアを思いついた。パエリアは家族からの評判が良いので2~3ヶ月に一度は作っている。色々な食材を使うので買出しから楽しい。
[PR]
by teruiso | 2011-05-21 08:09