<   2016年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

遠い昔はるか銀河の彼方で・・・

a0187766_23311670.jpg

お陰様で2016年も好きな作品を作って
好きな映画を観て過ごすことができました。

年々色々な仕事をいただけるようになると同時に
器をお求めの方々にはお待たせして
今年もご迷惑おかけしました。

また映画ばっかり観て!
と言われそうですが・・・。

2016年に劇場で公開された映画限定で
私が観た作品のなかから
心動かされた順番でご紹介します。



①ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
(ギャレス・エドワーズ監督)
前年EP7を観てやや期待外れだったが、
今作が私にとって
ディズニー版SWの「新たなる希望」になった。
新旧の音楽の使い方だけでも
「クリード」以来の涙腺決壊映画。
フォースというものが消えて久しく、
もはや信じるものだけの
存在になっているところが
庶民目線の新感覚SWだった。
スターウォーズシリーズの中でも
EP4,5に並んでお気に入りとなった作品。

②レヴェナント: 蘇えりし者
(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)
これぞ映画だ。スケールがでかい。
作者のイマジネーションが
技術的にも美術的にも振り切れている。
坂本龍一の音楽も荘厳な雰囲気で
今年は工房でよくかけていた。

③裸足の季節
(デニズ・ガムゼ・エルギュベン監督)
散りばめられた小さな話と
全体の大きな話のバランスが素晴らしい。
冗長的な文芸作品と思っていたら、
次第に心地よくテンションがあがっていった。
民族文化を描きつつ、喜劇と悲劇、アクション、
サスペンス、全ての要素が詰まっている。

④この世界の片隅に
(片渕須直監督)
日本では今年最大の評価を得た作品。
北條すずというキャラクターが素晴らしかった。
このような形のアニメで
太平洋戦争を語り継ぐことは、
「伝える映画」でもあり、
近年日本アニメが丁寧に日常
を描くことを重要視してきたからこそ。
地味だが究極の到達点。

⑤ヒメアノール
(吉田恵輔監督)
刺激度満点。
今年ウェットな雰囲気の
バイオレンス邦画が多いなか
個人的にはこの作品がベスト。
このドギツイ内容を監督元来の
コミカルな空気で包んで見やすくなっていた。

⑥リップヴァンヴィンクルの花嫁
(岩井俊二監督)
「一般的な幸せ」と「生きている実感」の差
は大きく、価値観を揺さぶられた。
岩井監督の奇妙な世界に酔いしれた。

⑦ディーパンの闘い
(ジャック・オーディアール監督)
「なめていた相手が
実は殺人マシーンだった」部門では今年ベスト1。
「ドント・ブリーズ」は未見ですが・・・・。

⑧君の名は。
(新海誠監督)
主題歌4曲がミュージックビデオのように
挿入され魅了された。話自体も
SFサスペンス映画として十分楽しめた。
ある意思(神的存在)が働き、
選ばれた主人公に
大きなミッションが課される話は
「インターステラー」を思い出した。

⑨マネー・ショート 華麗なる大逆転
(アダム・マッケイ監督)
実際に起こった金融危機を分かりやすく
説明してくれた「伝える映画」でありながら、
数字にとらわれたある種の偏った
変態さん達の物語としても良作だった。

⑩ボーダーライン
(ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督)
実際にアメリカがこれから直面する
であろう麻薬危機をFBI捜査官を
観客目線に見立てて説明したある種の
「伝えるための映画」だった。
毎度、この監督の独特な切り口
があってこの「いびつさ」がぞくぞくさせる。

⑪マジカル・ガール
(カルロス・ベルムト監督)
非情でダーク、まさにノワールの傑作。

⑫サウルの息子
(ネメシュ・ラースロー監督)
希望がない世界で主人公が
とる奇行をどう受け取るか。

⑬ロブスター
(ヨルゴス・ランティモス監督)
シュールな世界でのもっともらしい嘘を味わう。

⑭神様メール
(ジャコ・バン・ドルマル監督)
今まで映画で描かれた中で
おそらく最低な神。
ジャンクロードバンダムと
ブルースリーにニンマリ。


⑮クリーピー 偽りの隣人
(黒沢清監督)
香川照之が気持ち悪い。←褒めてます。

⑯イット・フォローズ
(デビッド・ロバート・ミッチェル監督)
低予算でもアイデアだけで最も効果的な恐怖演出。

⑰エクス・マキナ
(アレックス・ガーランド監督)
映画としてのルック(画面の見た目)が
素晴らしい。
キューブリックのようでも、
ニコラス・W・レフンのようでもあり。
SFホラーの傑作。

⑱シン・ゴジラ
(庵野秀明監督)
フィギュア界から
神様級の原型師竹谷隆之が抜擢され、
最高のゴジラ造形でした。
(私も竹谷さんのエイリアンパイルを
持っていて、毎日拝んでいます。)
映画全体は1954年に作られたゴジラに
最も近い作品なだけに比べてしまう。
54年版ゴジラの人間ドラマパートは
とても秀逸で芹沢博士にはかなわない。

⑲太陽
(入江悠監督)
脚本は面白いが、ルックは
やはり邦画の限界を感じてしまう。

⑳オデッセイ
(リドリー・スコット監督)
主人公が超ポジティブ思考で
キャラが立っているが、
明るすぎてこの映画のリアル演出に必要
な絶望感が薄い。

◎ズートピア(バイロン・ハワード監督)
◎10クローバーフィールドレーン(ダン・トラクテンバーグ監督)
◎すれ違いのダイアリーズ(ニティワット・タラートーン監督)
◎ひつじ村の兄弟(グリームル・ハゥコーナルソン監督)
◎ルーム(レニー・アブラハムソン監督)
◎ディストラクション・ベイビーズ(真利子哲也監督)
◎パラドクス(イサーク・エスバン監督)
○帰ってきたヒトラー(デビッド・ベンド監督)
○コップ・カー(ジョン・ワッツ監督)
○スポットライト・世紀のスクープ(トム・マッカーシー監督)
○ヘイトフル・エイト(クエンティン・タランティーノ監督)
○死霊館・エンフィールド事件(ジェームズ・ワン監督)
○アイアムアヒーロー(佐藤信介監督)
○殺されたミンジュ(キム・ギドク監督)
○孤高の遠吠(小林勇貴監督)
○ある終焉(マイケル・フランコ監督)
○母よ(ナンニ・モレッティ監督)
○ブルックリン(ジョン・クローリー 監督)
○独裁者と小さな孫(モフセン・マフマルバフ監督)
○グッドナイト・マミー(ベロニカ・フランツ監督)
○デッドプール(ティム・ミラー監督)
○ストレイト・アウタ・コンプトン (F・ゲイリー・グレイ監督)
○ザ・ウォーク(ロバート・ゼメキス監督)
○クリムゾン・ピーク(ギレルモ・デル・トロ監督)
○ヴィクトリア(セバスチャン・シッパー監督)
○獣は月夜に夢を見る(ヨナス・アレクサンダー・アーンビー監督)
○ブリッジ・オブ・スパイ(スティーブン・スピルバーグ監督)
○人生はローリングストーン(ジェームズ・ポンソルト監督)
○ちはやふる・上の句(小泉徳宏監督)
○エージェント・ウルトラ(ニマ・ヌリザデ監督)
○ファインディング・ドリー(アンドリュー・スタントン監督)
○さざなみ(アンドリュー・ヘイ監督)
○ヘイル、シーザー!(ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン監督)
○殿、利息でござる!(中村義洋監督)
○クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃(高橋渉監督)
▲バットマン vs スーパーマン・ジャスティスの誕生(ザック・スナイダー監督)
▲死の恋人ニーナ(クリス・ブレイン&ベン・ブレイン監督)
▲アイ・ソー・ザ・ライト(マーク・エイブラハム監督)
[PR]
by teruiso | 2016-12-31 23:52